HOME > FAQ > 心室中隔欠損症術後の予後について

心室中隔欠損症術後の予後について

ご質問

19歳 女性

私は 3 歳の頃に心室中隔欠損症で手術しました。今は 1 年に一度の検診のみで異常はありませんが、学校の検診で心雑音ありと言われてしまうのですが、それは仕方がない事なのでしょうか?また将来私は、子どもを産む事ができるのでしょうか?もし産むのなら子どもに病気は遺伝するのでしょうか?これらを踏まえてこの病気の術後の経過などについて詳しく教えてください。お願いします。



お答え

19歳でご自分の心臓のことや将来のことについてお考えになっているのは立派なことだと思います。
心雑音についてですが、一般的な原因として血液の通り道が狭くなる場合、弁の逆流がある場合、心臓の部屋と部屋の間に穴があいている場合、それと一番多いのが心臓は正常の場合の無害性心雑音の場合です。心室中隔欠損症の術後には時々小さな穴が残存している場合か無害性の場合が考えられますが、穴の位置によっては大動脈弁の逆流による場合もあります。メールの内容からは原因については断定することはできませんので、よく主治医の先生に聞いてみてください。もうすぐ成人なので自分の心臓についてよく知っておきたい旨をお話すればよく説明してもらえると思います。
妊娠、出産に関してはこれまで多くのご質問がありました。Q&Aの検索機能を使ってみてください。一般的には日常生活が普通に送れているのであれば大丈夫です。また遺伝に関しても以前にご質問がありましたが、母親が心疾患の場合は 5 %前後でお子さんが心疾患となる報告があります。そうで無い場合でも 1 %位ですのでそれほど気になさらなくていいと思います。
文責:立野 滋