HOME > FAQ > 心室中隔欠損症と動悸、息切れ

心室中隔欠損症と動悸、息切れ

ご質問

20歳 女性

はじめまして。私は3ヶ月検診で心室中隔欠損症と診断され、年一回経過観察を受けています。心電図はほぼ正常で、左心室の圧は、通常30のところ私は32くらい(エコーにより)と言われました。持久走は禁止されていますが、それ以外は他と変わりない日常生活を送ってまいりました。しかしここ数年、座っている時や急に立ったりすると心臓がドキドキしたり、友達としゃべっていて興奮気味になると、少し息苦しさを覚えるようになりました。これは心室中隔欠損症と関係しているのでしょうか。また、心室中隔欠損症の発作ってあるんですか。
最近、胸とは別にお腹もドキドしています。私は心音がとても大きいそうですが、穴の大きさと音は反比例すると言われました。ちなみにやせ気味です。今年、就職を控えているので体の事がとても心配です。どんな事でもいいので教えて頂けましたら幸いです。どうかよろしくお願い致します。



お答え

"先天性心疾患と動悸、息切れ"の項も参考になさってください。
左心室ではなく右心室の圧が32だとおもいますが、現在まで手術せずに経過を観察されているようなので欠損孔は小さいことが予想されますが、運動制限も受けていると言うことで手術の適応ぎりぎりなのかもしれません。詳細はわかりませんので、欠損孔が小さく手術する必要もないものとしてお答え致します。
欠損孔が小さく心臓に負担のない場合は、心室中隔欠損症が原因で症状がでることはまずありません。
動悸の場合には脈が速くなる頻拍、乱れる期外収縮といった不整脈が原因で症状が現れることがあります。小さな欠損孔であればそういった不整脈が心室中隔欠損症で出現することはありませんが、たまたま不整脈を合併することもあります。
また運動や興奮したときも脈が速くなったり、早くなくともドキンドキンと心臓の鼓動を感じる心悸亢進と言ったことがあります。通常はあまり感じないものですが、心臓の病気がある方の場合、脈に神経質になりそういった症状が出現する場合もあります。
心臓以外の頻脈の原因は先の項(先天性心疾患と動悸、息切れ)にありますので参考にしてください。
以上の様な原因があげられますが、いたずらに心配なさるよりもまず主治医の先生にご相談いただき、どういった可能性があるか、不整脈の検査をしたほうがいいかお聞きになることが大事かと思います。
文責:立野 滋