HOME > FAQ > 心室中隔欠損症と上腹部痛

心室中隔欠損症と上腹部痛

ご質問

44歳 女性

心室中隔欠損症があります。穴は4mmと小さいのですが、高い位置にあり、大動脈弁に多少変形が出始めているといわれています。10日位前、自転車で退勤中、胃から若干左よりの辺りに急に痛みを感じました。自転車をこぎ続けることはできる程度の痛みでしたが、今まで感じたことのない痛みでした。(肋間神経痛で息を吸うと痛むというのは何度か経験したことがありますが、それとは違いました)胃の横の痛みと共に、左肩甲骨辺りに痺れたような感じもありました。10分位すると嘘のように消えてなくなりました。これはいったい何の痛みなのでしょうか?



お答え

まず、「高い位置にある心室中隔欠損症」については、2007/2/22 のQ&A 「漏斗部心室中隔欠損症と大動脈弁逸脱」の解説をご参照下さい。質問者の方の大動脈弁は「多少変形が出始めている」ので、手術を視野に入れながら、注意深く経過を見ているよう状態のようですね。
次に、「胃から若干左よりの辺りの急な痛み」、すなわち、突然の左側腹部痛または左側胸部痛が、漏斗部心室中隔欠損症が原因でおこり得るかといいますと、まずおこらないと思います。
では、原因は何かというと、「10分位すると嘘のように消えてなくなる」痛みからは、良性である可能性が高そうです(例えば、便秘症など)。しかし、断定はできません。症状の反復または悪化があれば、心疾患の担当医に相談するか、内科医などへの受診をすることをおすすめします。
文責:川副 泰隆