HOME > FAQ > 心室中隔欠損症と胸痛

心室中隔欠損症と胸痛

ご質問

25歳 女性

私は1歳の時に心室心房中隔欠損症で手術を受けました。その後は、普通の人と同じように運動したりできてました。しかし、最近一ヶ月に一回ぐらいの頻度で胸が苦しくなる時があります。寝ている状態から、体を起こそうとする時など、痛む時があります。これはどこか悪いのでしょうか?気になります。主治医に相談した方がいいですか?返事お願いします。



お答え

心臓の手術を受けていて、術後の経過も良く一般の人と同様に生活を送っている人で、胸のくるしい或いは胸痛という訴え、は少なくありません。息が吸いにくいという訴えの場合もあります。特に安静にしている時の訴えが強いことが多いようです。女性に多く見られます。進行すると過換気症候群といわれる状態になることがあります。
殆どの場合は、精神的な要素が強く、心臓の状態とは直接の関係はありません。気道の乾燥によって起こることもあり、水分をとると軽快することもあります。
胸痛も非常に多く見られる訴えです。殆どの場合は、誰にでもみられる筋肉痛なので、心配のないことが多いと思います。心臓病を持っている人の場合は、心臓と関連があるのでは?と考えてしまうため、気にしてしまうことが少なくありません。
しかし、25歳くらいの方でも、稀には心臓に原因があり、このような症状を認める場合もありますので、主治医に良く診てもらうことが大切です。
文責:丹羽 公一郎