HOME > FAQ > 心室中隔欠損症

心室中隔欠損症

ご質問

私は、生後2.3ヶ月で「先天性心室中隔欠損」と診断されました。手術は受けておらず、日常生活の制限は全くありません。高校生までは年1回定期検査(心電図&レントゲン)をうけていました。その後は、2.3年に1回、同様の検査をうけております。大学病院の小児科でそのまま受診しておりますが、このままずっと小児科という訳にも・・と思っていたときに、このHPを知りました。初産は30歳くらい迄にしたほうが良いと聞いた事があるのですが、本当ですか? 心電図とレントゲンをうけてますが、あきらかに正常な人と違いがあるのですか? 何を知る為の検査ですか? 先天性なので治る事はないと思うのですが、それでも定期的に受診をしなくてはいけないのでしょうか?(悪くなることもあるのですか?)風邪等をひくと、健康な人よりもダメージを受けやすいと聞いた事あるのですが、本当ですか? 大学病院だと、質問しづらいので、たくさん質問してしまいました。お忙しい所、申し訳ございませんが、ご回答おまちしております。よろしくお願い致します。



お答え

初産は30歳くらい迄にしたほうが良いと聞いた事があるのですが、本当ですか?
軽度の心室中隔欠損ならば、普通の人と同様に考えて構わないと思います。

心電図とレントゲンをうけてますが、あきらかに正常な人と違いがあるのですか? 何を知る為の検査ですか

心臓の大きさ、肺に流れる血液量を推定したりする検査です。心電図は、心室中隔欠損の場合、心臓の肥大程度、不整脈、不整脈などをみるものです(心室中隔欠損は、所見があることが少なくありません)

それでも定期的に受診をしなくてはいけないのでしょうか、悪くなることもあるのですか?
加齢と伴に、不整脈がみられたり、心臓の拡大を見ることもあります(欠損孔の大きさによりますが)。また、出産時には、心臓の状態の評価が必要です。遺伝の問題もあります。さらに、心臓に起こる感染(感染性心内膜炎)の注意も必要です。定期健康診断のつもりで受ければよいと思います。

風邪等をひくと、健康な人よりもダメージを受けやすいと聞いた事あるのですが、本当ですか?
これも、心室中隔欠損の程度によります。成人で、軽度の人はダメージなど受けないのが普通です。

大学病院だと、質問しづらいので、たくさん質問してしまいました。
自分の見てもらっている主治医に聞くのが一番です。大学病院だと何故ききにくいのでしょう? 自分の病気の不明な点は、はっきり主治医に聞くようにしてください。主治医が、病状を一番把握しているはずです。的確な答えもくれるはずです。
文責:丹羽 公一郎