HOME > FAQ > ペースメーカー植え込み後のファロー四徴症の妊娠について

ペースメーカー植え込み後のファロー四徴症の妊娠について

ご質問

26歳 女性

生後3日で心雑音が分かり、ファロー四徴と診断されました。その後、2歳で根治手術を終え、何事もなく生活してきましたが、一昨年出産をしてから不整脈が出てきたので、去年ペースメーカーを植え込みました。あともう一人子供が欲しいのですが、私の今の状況で妊娠出産は可能でしょうか?



お答え

ペースメーカーが原因で、妊娠・出産が困難になることはありません。ペースメーカーが、正常に働いていれば、ペースメーカーが植え込まれていない場合と比べて、妊娠出産時の負担に対して、心臓は十分に耐えられ、すでに何人もの方が、ペースメーカー装着後に、無事出産しています。

洞不全症候群や房室ブロックに対してペースメーカーが植え込まれ、かつ他の遺残病変や肺高血圧がなく、心機能も良好であれば妊娠は可能かと思います。不整脈やペースメーカーよりも他の項目の方が重要となることも多いので、主治医の先生とよくご相談下さい。

他に心房細動が長期間持続したために徐脈になりペースメーカーを植え込む場合がありますが、この場合はワーファリンで抗凝固療法の併用が必要になります。ワーファリンは催奇形性がありますので、妊娠中には他の治療に変更しなければならず、長期間の入院が必要となる場合もあり、ご家族のサポートが必要かと思います。
文責:立野 滋