HOME > FAQ > 肺高血圧と妊娠

肺高血圧と妊娠

ご質問

29歳 女性

私は、先天性心室中隔欠損と肺高血圧です。
同じ病気で出産した方はいらっしゃるのでしょうか?
どこの病院で出産できるのでしょうか?
教えていただきたいです。



お答え

先天性心疾患の患者さんで、妊娠出産が難しいあるいは妊娠出産をしないほうがよいと考えられる疾患(病気の種類、状態)があります。妊娠出産の際に母体、或いは胎児の安全を十分に確保できないためです。先天性心疾患にともなう肺高血圧はそのうちの一つです(心室中隔欠損にともなうものも含まれます)。ご質問の患者さんの肺高血圧の程度、チアノーゼの有無がわかりませんので、お答えは難しいのですが、特に肺動脈の血圧が非常に高い場合(全身の血圧と同程度の場合)は、母親の死亡率は30%以上で、胎児の死亡率(流産)も同様に高くなります(特に母体の酸素飽和度が85%以下の場合)。一般的に、肺高血圧が、血圧の2/3以上ある場合は、妊娠出産はかなり難しいと考えられます。病院の選択も大切ですが、それ以上に、妊娠出産をすすめる場合は、家族の十分なサポートが不可欠です(出産後、心不全その他で、母親が子供を育てられない場合もあり得ます)。いずれにせよ、主治医の先生とよく話し合うことが大切です。
文責:丹羽 公一郎