HOME > FAQ > 川崎病既往と胸痛

川崎病既往と胸痛

ご質問

30歳 女性

3月初めに空咳が出てずっとフスコデsyで止めてましたが、全く効かず、4月10日に本屋にいるとき一瞬ですが物凄い痛さが胸の真ん中に走りました。1時間後病院で心電図異常なしでした。ニトロも効かず。幼児期に川崎病をしました。小学生の頃、心エコーで異常なしと言われた記憶があります。現在に至りますが、圧迫はなくなりましたが、胸の真ん中の奥がいたくなると同時に背中も痛くなります。左腕・右腕が痛かったり、心筋梗塞?大動脈瘤?の不安な日々。胸部x-p/胸部ct異常なしです。サイクルエルゴも異常なしです。大きな病院で心カテはしていませんが、セロケン錠を内服し脈を遅くして、腕から一気に造影剤をいれ冠動脈を流れをctに収めました。緊張からか脈が遅くならず、はっきり見えないが瘤はないとのことでした。川崎病に対する病気(心筋梗塞?瘤?)は、もう心配要らないのでしょうか?実は、呼吸器内科で胸痛喘息と診断され、フルタイド200・セレベント50の吸入をしてます。肺機能が少し悪く、杉のアレルギーが異常なくらい上がっていました。5月に採血でCRPO.7です。RA(-)抗かく抗体がぎりぎりの40でした。
mpo-anca1.3u/mlです。胸痛のみの喘息が本当にあるのならば信じれるのですが、どこに行っても聞いた事ないと言われます。いまだに、続く胸痛・背中痛、これだけ検査したので、川崎病に関わるものとは切り離してよいのでしょうか?毎日心エコーを受けたいくらいです。よろしくお願いいたします。



お答え

川崎病の既往があり胸痛が出現していることでとてもご心配なさっていることが推察されます。
胸痛の原因はいろいろあります。一番心配なのは心臓ですが、それ以外でも肺、食道、胸膜、肋骨、肋軟骨、肋軟骨、筋肉などいろいろな所から痛みが発生します。
若い人の場合は心臓からくる痛みは稀で、多くが筋肉、肋骨、肋軟骨、胸骨などの痛みで、深呼吸により増強することが多く、肋骨を押すと痛みと同様の圧痛がみられることもしばしばみられ、消炎鎮痛剤で軽快します。また心臓が原因ですと一瞬の痛みであることは少なく数分以上は持続することがほとんです。
川崎病後遺症としての狭心痛をご心配であれば、最終的にはカテーテル検査で冠動脈を造影して確認するのが一番確実ですが、リスクもあるためご質問の様なCT、運動負荷試験等の侵襲の少ない検査で異常が出た場合にカテーテル検査をすることが一般的です。ただどうしても不安がとれないのであれば主治医の先生と相談して検査をうけてはっきりさせるのも一つの方法だと思います。
胸痛喘息に関しましては専門ではなく、しっかりした知識や経験を持ち合わせませんので、正確なご回答ができません。
文責:立野 滋