HOME > FAQ > 心房中隔欠損症の治療について

心房中隔欠損症の治療について

ご質問

45歳 女性

6月23日にめまいがするので、自宅近くの病院でエコー検査を受けたところ、約1.5cmの大きさの孔の心房中隔欠損症で手術が必要と診断されました。まだ、カテーテル検査は受けていません。質問は以下の3点です。
1.5cmという孔の大きさでは、必ず手術の必要がありますか? 手術が必要な場合、できれば開胸手術はせずにカテーテル手術を希望していますが、K市内の心臓血管外科がある総合病院で、カテーテル手術の実績のある総合病院があれば教えてください。K市内にない場合、国内でカテーテル手術の実績がある病院を教えて下さい。45歳で手術をした場合、術後に不整脈が出る可能性は高いのでしょうか? ご回答方、宜しくお願い致します。



お答え

心房中隔欠損症の手術は、症状、不整脈の有無、肺高血圧の有無、欠損孔の大きさなどを総合して決めます。1.5cm径の場合、一般的には手術を行うことが多いようです。また、カテーテル治療は、現在日本では認可されておりません。その可能性、施行可能と考えられる病院は、3月の当HPに同様の質問「心房中隔欠損症のカテーテル治療の現状」がありますので、参照してください。
文責:丹羽 公一郎