HOME > FAQ > 心房中隔欠損症に対するアンプラッツァー治療に関して

心房中隔欠損症に対するアンプラッツァー治療に関して

ご質問

24歳 女性

カテーテル治療のアンプラッツァーについて質問です。ありえないと思うのですが、アンプラッツァーが飛行機に乗る際の金属探知機に反応するという事は、ないですよね?
ありえないと思いつつ、気になりだしたら、止まらないので、どうか教えて頂けないでしょうか?

あと、4月で保険適応になったとの事ですが、適応になってからでは、手術の順番待ちは長いのでしょうか?今年の初めに病院で聞いたのは、適応になると、およそ2年待ちと言う事でした。



お答え

1)輸入販売元の日本ライフラインでは、「アンプラッツァー心房中隔欠損閉鎖栓が飛行機に乗る際の金属探知機に反応することはない思われますが、万が一のことを考慮して閉鎖術を行ったときに発行する手帳を携帯して下さい」とのことでした。念のため、2,3日中に金属探知機に反応するか、実際にチェックするとのことです。

2006年5月24日追記:胸のポケットに入れた閉鎖栓は、空港の金属探知器に反応しませんでした。

2)国立循環器病センターでは、順調に閉鎖術が実施できており、現在申し込まれれば約1年の待機となります。他の施設の状況は不明です。(越後 茂之)


治療の順番待ちの件に関しては,各施設で状況が異なると思いますので,治療の行われる施設に直接ご確認ください.現在,この治療を行っている施設は,国立循環器病センター,岡山大学,埼玉医科大学ですが,本年中には新たに千葉県こども病院,榊原記念病院(東京),神奈川県立こども医療センター,静岡こども病院,長野こども病院,中京病院(名古屋),聖マリア病院(久留米)での治療が順次行われる予定になっています.(赤木 禎治)