HOME > FAQ > 心臓病の遺伝

心臓病の遺伝

ご質問

26歳 女性

私は、心室中隔欠損症と診断を受け、6歳の時に自然治癒しました。20歳の時に検診を受け、塞がったあとはあるが問題ない、といわれています。

甥(実兄の子)がやはり心室中隔欠損症で生まれてきたのですが、私の子供も、心疾患をかかえて生まれてくる可能性が高いのでしょうか?



お答え

先天性心疾患をお持ちの家族の子ども或いは兄弟に同じ様な病気の子どもが生まれてくるか、ということは、とても心配なことと思います。多数の患者さんでの、観察の結果があります。まず、兄弟の場合、一人目の方が、先天性心疾患ですと、次に心臓病の生まれてくる確率は約3%とされています。また、本人が心臓病で、子どもを産む場合、男性では、2%、女性(母親となる場合)は、3-5%程度の確率で、心臓病の子どもが産まれてきます。一般の女性では、1%前後ですからすこし高い値となります。ただ、逆に見れば、多くは、心臓病でない子どもが産まれます。また、もし心臓病で生まれても、殆どの場合は、子どもを産んだり普通に仕事をしたり出来、普通の生活を送れます。現在、心室中隔欠損は、自然閉鎖しているようですので、流産の率がわずかに高いかも知れませんが、妊娠、出産の経過は、一般と同様で、安心して取り組むことが出来ます。
文責:丹羽 公一郎