HOME > 総会・セミナー・学術集会 > 第14回成人先天性心疾患セミナープログラム

第14回成人先天性心疾患セミナープログラム

日程:2016年6月25日、6月26日(土曜・日曜)
会場:聖路加国際大学講堂

【地下鉄によるアクセス】
東京メトロ 日比谷線 築地駅 3番出口または4番出口を出て、デニーズと東京トヨペットの間を直進(徒歩3分)
東京メトロ 有楽町線 新富町駅 6番出口を出て、一つ目の道を右折して直進(徒歩5分)

【バスによるアクセス】
都営バス 錦11系統 (錦糸町駅前発 新大橋・茅場町経由 築地駅前 行き)
築地駅前 停留所(終点)下車 徒歩3分
都営バス東15系統(深川車庫発 豊洲駅・明石町経由 東京駅八重洲口行き)
聖路加病院前 停留所下車 徒歩1分

 ◆ 参加費:医師10,000円(昼食含む)
 ◆ 他領域専門職:5,000円(昼食含む)
 ◆ 患者様:1,000円(昼食含む)
 ◆ 参加費にはテキスト代・昼食代を含んでいます.
 ◆ 学生・研修医の方は証明書を用意下さい.
 ◆ 専門医単位: 日本小児循環器学会 専門医指定分科会 3単位

【世話人】
丹羽 公一郎、赤木 禎治、立野 滋、松尾 浩三、池田 智明、稲井 慶
大内 秀雄、白石 公、八尾 厚史 

■プログラム
6月25日 第1日目(第1会場 聖路加国際大学講堂)

総合司会:川松 直人(聖路加国際病院)

9:00 opening remark
八尾 厚史(東京大学医学部附属病院)

9:10-10:10
先天性心疾患をめぐる社会的問題と精神心理的問題(15分講演、5分質問)
座長:白井 丈晶(加古川西市民病院)
座長:水野 芳子(千葉県循環器病研究センター)

1.移行期医療を円滑にすすめるために
  落合 亮太(横浜市立大学)
2.社会保障体制の現状と今後 
  賀藤 均(国立成育医療研究センター)
3.病状認識と自己イメージ
  青木 雅子(武蔵野大学看護学部)

10:15-11:15
周辺分野とのブレインストーミング (15分講演、5分質問)
座長:立野 滋 (千葉県循環器病センター)
座長:八尾 厚史 (東京大学医学部附属病院)
1.心不全と睡眠時無呼吸
  西畑 庸介(聖路加国際病院)
2.抗凝固療法と合併症
  増田 慶太(筑波大学附属病院)
3.右心不全と肝障害
  藤澤 知雄(済生会横浜市東部病院)

11:30-12:20
ランチョンセミナー 1(Boston Scientific)
皮下植え込み型除細動器
座長:丹羽 公一郎(聖路加国際病院)
演者:柳下 大悟(東京女子医科大学)

12:30-13:30
Lunch break

13:30-15:10
修正大血管転位の治療戦略 (15分講演、5分質問)
座長:小野 博 (国立成育医療研究センター)
座長: 稲井 慶(東京女子医科大学)
1.anatomical repair
  松尾 浩三(千葉県循環器病センター)
2.physiological repair
  小出 昌秋(聖隷浜松病院)
3.CRT
  宮﨑 文(国立循環器病研究センター)
4.心移植
  清水 美妃子(東京女子医科大学)
5. 予後
  島田 衣里子(東京女子医科大学)

15:15-16:30
症例検討 (講演10分、討議15分)
座長:籏 義仁(昭和大学横浜市北部病院)
座長:高橋 一浩 (木沢記念病院)
コメンテーター:平田 康隆 (東京大学医学部附属病院)
コメンテーター:村上 智明 (千葉県こども病院)
コメンテーター:坂本 一郎 (九州大学病院)
1. 心房中隔欠損症術後の肺動脈瘤に対する治療方針の検討
  斎藤 暁人(東京大学医学部附属病院)
2. 右室拡大精査のために当院を紹介となった2症例
  川松 直人(聖路加国際病院)
3. DORV, 上下心、二心腔修復術後の30代の患者さんがVTとLVOTOSの治療
  松本 賢亮(神戸大学病院)

16:30-16:45
coffee break

16:45-18:30
Failed Fontanとどう戦うか(15分講演、5分質問)
座長:白石 公 (国立循環器病研究センター)
座長:長嶋 光樹 (東京女子医科大学病院)
1.心不全
  増谷 聡(埼玉医科大学総合医療センター)
2.血栓塞栓症
  大内 秀雄(国立循環器病研究センター)
3.不整脈
  豊原 啓子(東京女子医科大学)
4.PLE
  朴 仁三(東京女子医科大学)
5.先天性心疾患の緩和ケアの基礎としての死生学
  中澤 誠(総合南東北病院)

6月26日 第2日目(第1会場 聖路加国際大学講堂)
総合司会:福田 旭伸(聖路加国際病院)

9:00-10:40
ACHD診療の基本(15分講義、5分質問)
座長:三浦 大(東京都立小児総合医療センター)、松本 賢亮(神戸大学病院)
1.心エコーの形態診断
  富松 宏文(東京女子医科大学病院)
2.心エコーの機能診断
  小板橋 俊美(北里大学)
3.不整脈の薬物治療
  竹内 大二(東京女子医科大学病院)
4.先天性心疾患のMRI診断
  椎名 由美(聖路加国際病院)
5.体液管理
  稲井 慶(東京女子医科大学病院)

10:40-10:55
coffee break

10:55-12:15
Burning topics
ASD この穴閉じますか?(15分講義、5分質問)
座長:中島 弘道(千葉県こども病院)
座長:元木 博彦 (信州大学)
1.閉じる根拠とその後の治療戦略
 小林 俊樹(埼玉医科大学国際医療センター)
2.閉じなかった症例ー根拠とその後の治療戦略ー
 小暮 智仁(東京女子医科大学病院)
3.肺高血圧
 福島 裕之(慶應義塾大学病院)
4. PFOと奇異性塞栓
 杉山 央(東京女子医科大学病院)

12:15-13:00
Lunch break

13:00-13:50
ランチョンセミナー2
第3の死因、thromboembolism、を考える(第一三共株式会社)
座長:小宮山 伸之(聖路加国際病院)
演者:伊藤 浩(岡山大学)

14:00-15:40
Surgeryー歴史の扉を開けて(講演20分 討議5分)
座長:市川 肇(国立循環器病研究センター)
座長:中澤 誠(総合南東北病院)
1.Fontanの今、昔
  長嶋 光樹(東京女子医科大学病院)
2.Rastelliの今、昔
  松尾 浩三(千葉県循環器病センター)
3.弁形成の今、昔
  河田 政明(自治医科大学とちぎ子ども医療センター)
4.補助循環の今、昔
  上野 高義(大阪大学)

15:40
Closing remark
稲井 慶(東京女子医科大学)

6月26日 第2日目(第2会場 聖路加国際大学 4階403号室 )
9:00-10:40
小児科医/内科医の思考法を盗む(15分講義、5分質問)
座長:建部 俊介(東北大学病院)
座長: 仁田 学(横浜市立大学)
1.先天性心疾患の血行動態を読む
  森 善樹(聖隷浜松病院)
2.遺伝性心疾患の診断と管理
  山岸 敬幸(慶應義塾大学病院)
3.メタボリックシンドロームの診療
  水野 篤(聖路加国際病院)
4.急性冠症候群の治療
  水野 篤(聖路加国際病院)
5.心房細動の治療
  安達 亨(筑波大学附属病院)

10:40-10:55
coffee break

10:55-12:15
女性特有の問題について考える(15分講義、5分質問)
座長:篠原 徳子(東京女子医科大学)
座長:吉松 淳 (国立循環器病研究センター)
1.月経と卵巣機能
  神谷 千津子(国立循環器病研究センター)
2.女性のメンタルケア
  太田 真弓(さいとうクリニック)
3.妊娠出産問題-出産法の選択
  桂木 真司(榊原記念病院)
4.妊娠出産問題ー麻酔の選択
  照井 克生(埼玉医科大学総合医療センター)

14:00-15:40
症例検討:妊娠出産/女性問題を中心に(講演10分 討議10分)
座長:兵藤 博信(東京都立墨東病院)
座長:池田 智明(三重大学医学部)
コメンテーター:松田 義雄(国際医療福祉大学)
コメンテーター:小川 正樹(東京女子医科大学)
コメンテーター:神谷 千津子(国立循環器病研究センター)
コメンテーター:犬塚 亮(東京大学病院)
コメンテーター:山村 健一郎(九州大学病院)
1.ICDホームモニタリング機能により産褥volume overloadを検知したbicuspid AR、生体弁置換術後の一症例
  岩永 直子(国立循環器病研究センター)
2.房室中隔欠損修復術後に不妊治療を行った一例
  西岡美喜子(三重大学病院)
3.家族性HCMでモロー術後妊娠の一例
  河村 卓弥(榊原記念病院)
4.フォンタン術後妊娠の1例
  元木 博彦(信州大学)
5.TOF術後 drop outし、妊娠後来院した1症例
  小板橋 俊美 (北里大学)