HOME > 学会について > 会則・会則施行細則

会則

名称

第1条 本会は日本成人先天性心疾患学会(英文名 Japanese Society for Adult Congenital Heart Disease、略称:JSACHD)と称する.

事務局

第2条 本会の事務局は 〒162-0801 東京都新宿区山吹町358番地5 アカデミーセンター 株式会社国際文献社内に置く.

目的

第3条 本会は成人先天性心疾患研究を通して広く人類の健康の増進に資することを目的とする.

事業

第4条 本会は,第3条の目的を達成するために次の事業を行う.
1.学術集会の開催
2.成人先天性心疾患に関する調査研究事業
3.成人先天性心疾患診療に関する教育事業
4.その他

入会および会費

第5条
1.会員
本会の会員は、理事、監事、評議員、正会員,名誉会員、その他とする.
(1)理事
(2)監事
(3)評議員
(4)正会員:本会の目的に賛同して入会した個人
(5)名誉会員:本会に対し顕著な功績のあった者の中から理事会が推薦した個人
(6)賛助会員
2.入会
入会する者は,住所・氏名・所属機関・その他の必要事項を明記し,当該年度の会費を添えて、総会参加時などに本会事務局に申込む.
3.会費
会員は毎年年会費を納入しなければならない.年会費の額は別途定める.ただし,名誉会員は会費の納付を必要としない.

退会

第6条 退会を希望する会員は退会届を事務局に提出し,任意に退会することができる.

会員の資格喪失

第7条
1,会員が3年以上の会費滞納する場合には,その資格を喪失する.
2,本会を休会しようとする者は, 休会届けを本会の事務局に提出する.
海外留学などで, 会費納入不能と認められた場合は、休会届けを提出
することにより、休会中の会費を納入することなく, 本会の会員とし
ての資格を継続させることが出来る.

役員の種類と定数

第8条 本会に次の役員を置く.
1.理事長、副理事長、理事、監事、評議員.
• 理事は、会員の5%程度. 理事長1名.副理事長2名. 監事1名. これら役員は、原則として65歳を定年とするが、学会運営上の有益性を鑑みて必要とされる場合には、定年延長を理事会にて承認することができる.評議員は、理事を含み10%程度とする.
2.学術集会会長1名.

学術集会会長

第9条 学術集会会長は理事会において推薦、評議員会、総会で最終決定する.

役員の職務

第10条
1.理事長は本会を代表し,会務を総括し理事会、評議員会、総会において議長となる.
2.副理事長は、理事長を補佐し,理事長に事故があるとき又は理事長が欠けたときは,その職務を代行する.
3.理事は、理事会を構成し、この会則の定め又は理事会の議決に基づき,この本会の業務を執行する.
4. 監事は、理事の業務執行の状況を監査すること、この学会の財産の状況を監査すること、理事の業務執行の状況又はこの学会の財産の状況について,理事に意見を述べること、前号の報告をするため必要がある場合には,総会を招集すること、などを行う.
5. 評議員は、理事およびそれ以外の評議員で構成される.学会運営などにつき理事に
意見を述べること、を行う
6.会長は学術集会を企画運営する.

役員の任期

第11条 原則として 2 月 1 日から始まり,翌々々年度の1 月31日に終わる.役員の任期は,理事長、理事、監事、評議員は3年とするが、再任を妨げない.会長は1年とする.

理事の選任

第12条 理事は、理事会で推薦し、承認する.
  理事長は、理事会で理事が推薦し、承認する.
原則として5年以上の会員歴を有する会員を対象とする.
評議員は、理事の選挙および推薦により理事会で承認する.

議決

第13条 理事会は次の事項を議決する.
1. 会則の変更
理事会の決定により会則の記載内容の変更ができる.
2.事業計画、報告及び収支予算、決算
 理事会の議事は,この会則に規定するもののほか,出席した理事の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる.

会議

第14条
  本学会の会議は,総会及び理事会,評議員会の 3種とする
1, 総会は,通常総会及び臨時総会とし、学会員を持って構成する.
2, 理事会は,理事をもって構成する.
3, 評議員会は、評議員をもって構成する.

資産及び会計

第15条
1.資産の構成 本学会の資産は,次の各号に掲げるものをもって構成する.
(1)設立当初の財産目録に記載された資産
(2)学会費
(3)寄付金品
(4)財産から生じる収入
(5)事業に伴う収入
この本学会の資産は,本学会活動に係る事業に関する資産とする.
2.資産の管理 この本学会の資産は,理事長が管理し,その方法は,理事会の議決を経て,定める.
3.本会の会計年度は1月1日より12月31日とする.

附則
1. 第2条は2018年2月1日より改正する.

 

会則施行細則

第1条 会費年額は次の通りとする.理事会の決定により、変更することが出来る.
正会員(医師)10,000円
正会員(医師以外の医療関係者)3,000円
正会員(一般の方で団体・賛助会員以外) 1,000円
団体会員:20,000円
賛助会員:5,000円

第2条 名誉会員は理事会が推薦する.
1.会長,理事の経験のある者
2.名誉会員の任期は終身とする.
3.名誉会員は学術集会参加費を免除される.
4.名誉会員は,理事会に出席は出来ないが、その通知を受け,事前に事務局宛に意見を開陳することができる.

第3条 委員会
  会務の執行のため,理事会の議決により,常置委員会,臨時委員会等を設置する.
1. 研究委員会
本会会員を中心とする成人先天性心疾患に関する研究は、理事会で承認し、研究委員会を構成して、遂行することが出来る.理事会の承認により研究費の補助を行うことが出来る.
2.作業部会
 本会会員を中心とする成人先天性心疾患に関する作業部会は、理事会で承認し、作業部会を構成して、遂行することが出来る.理事会の承認により作業費の補助を行うことが出来る.
3.学術集会
(1)参加費は、学術集会会長により決定される。
(2)海外、国内招待講演者は、会長が学術集会参加費を免除することができる.
(3)海外からの学術集会参加者は、会長が学術集会参加費を免除することができる.

4. 成人先天性心疾患セミナー
(1) 成人先天性心疾患の分野の教育的な内容を中心として開催する.
(2) 2011年からは、年2回の開催とする.
(3) 参加費は、セミナーの世話人により決定される.